北欧語 注目記事ランキング

  • 更新時刻:17/11/20 17:30現在
カテゴリー
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード

1位
Musta kahviさん
  • 情報提供ヘルシンキ、トラムの運賃大改革 気分はもうSuomiMusta kahviさんのプロフィール
  • 大改革―これはだいぶ古くなりましたが、10月24日付HSのサイトの見出しHSL mullistaa lippujen hinnat Helsingin seudullaで使われている動詞”mullistaa”からです。今回の投稿はこの大改革についてです。しかしながら、この改革はヘルシンキに住んでいる人が対象で、旅行者にはあまり関係がないかもしれません。ところで、市内の公共交通の運賃、旅行ガイドにもいくつか載っていますが、HSLのウェブページで調べると、kertalippu

2位
whitebearさん
  • 情報提供フィンランド語学習記 vol.518 − 後置詞あれこれ(2) Fragmentswhitebearさんのプロフィール
  • 昨日のエントリーでは、フィンランド語の後置詞を扱いました。フィンランド語学習記 vol.517 − 後置詞あれこれ(1)今日もフィンランド語教室のテキスト『suomea suomeksi 2』から例文を引用しつつ、様々な後置詞を見ていきたいと思います。 Kissa hyppää television päälle.(ネコはテレビの上へジャンプする。)Kissa on television päällä.(ネコはテレビの上にいる。)Kissa hyppää pois television päältä.(ネ

3位
P-なっぷるさん
  • 情報提供〜ここがびっくりフィンランドの高校〜 1 フィとンしか合ってない!P-なっぷるさんのプロフィール
  • さて、いよいよフィンランド人と混じって勉強するわけですが、クラスは一応2年生に配属になりました。ですが、ほとんど誰がクラスメートかも覚えられないまま留学生活が終わろうとは、このときは夢にも思っていませんでした。 緊張で吐きそうになりながら、ホストブラザーと学校へと出発しました。学校にいく途中たくさん話かけてくれて一生懸命距離を縮めようとしてくれているのですが、なっぷるの英語力が低すぎるためあまり会
4位 whitebearさん
  • 情報提供フィンランド語学習記 vol.516 − 第2不定詞具格 Fragmentswhitebearさんのプロフィール
  • 今回はフィンランド語の動詞の第2不定詞具格と呼ばれる形について見ていきたいと思います。フィンランド語教室のテキスト『suomea suomeksi 2』には次のような例文が出ています。 Iida tuli itkien kotiin.(イーダは泣きながら、家に帰ってきた。)Pekka istui kotona katsellen televisiota.(ペッカはテレビを見ながら、家で座っていた。)Bussiin on noustava varoen.(バスは注意しながら〔=注意して〕、乗らなければならな
5位 くうっけりさん
  • 情報提供【本(小説)】Silmukka:12歳の少年が犯した殺人 そして秘められた真実 フィン語で読むくうっけりさんのプロフィール
  • 今回も、図書館から借りた電子ブック。電子ブックを「今一番借りられている」順に並べて、上位の本から借りている(← 貸し出し中で借りられない本はとばしてるけど)わけですが、最近は小説が続いてるなあ。地域の図書館のこの本の予約状況を見てみたら、予約者は現在40人。なかなか人気ありますね。Silmukkaこの表紙も、書名よりも著者名が目立ってます。Silmukka著者:Pierre Lemaitre訳者:Susanna Hirvikorpi出版:Minerva, 2
6位 whitebearさん
  • 情報提供フィンランド語学習記 vol.517 − 後置詞あれこれ(1) Fragmentswhitebearさんのプロフィール
  • フィンランド語教室のテキスト『suomea suomeksi 2』の新しい課で、フィンランド語の後置詞がまとめて紹介されていました。フィンランド語は前置詞よりも後置詞の方が多い言語。そのため、これらの後置詞をきちんと暗記しておく必要があります。まずは後置詞を含む例文を見てみましょう。 Aurinko menee pilven taakse.(太陽は雲の後ろへ隠れる。)Aurinko on pilven takana.(太陽は雲の後ろにある。)Aurinko tulee pilven taka
7位 くうっけりさん
  • 情報提供??【小説】Haudattu:白骨死体の謎を解く フィン語で読むくうっけりさんのプロフィール
  • 今回も、図書館の電子ブックを借りました。Haudattuこの表紙も、フィンランドの小説によくあるパターン。つまり、フィンランド語を知らなかったらどれが書名なのかおそらくよく分からない…ということで、ちょっと説明をば。WALLANDER は主人公の苗字。この作品は、クルト・ヴァランダー (Kurt Wallander)刑事を主人公とした推理小説シリーズの中の1つなのだということでしょう。その次の2行が作家名。そして、一番下の白い小さな
8位 Musta kahviさん
  • 情報提供今年の建築デザイン大賞は! 気分はもうSuomiMusta kahviさんのプロフィール
  • 今回の投稿は、10月2日付けのHSの記事がもとになっています。関連することを調べていたりしているうちに、別の記事が気になってチェックしたりして、どんどん古くなってしまいました。まあ、観光情報のひとつとして読んでください。Arkkitehtuurin Finlandia -palkint、英語ではFinlandia Prize for architectureと訳されています。日本語ではフィンランド建築大賞といったところでしょうか。この大賞の受賞者が10月2日の月曜日
更新時刻:17/11/20 17:30現在