searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel

れいわ新撰組

THEME help
れいわ新撰組
テーマ名
れいわ新撰組
テーマの詳細
既得権益がんじがらめの日本の政治を変える。 日本に報道の自由を!
テーマ投稿数
1件
参加メンバー
1人
管理人
スイスのニュース事情管理画面

にほんブログ村 テーマ機能

テーマは、参加ランキングのカテゴリー・サブカテゴリーに関係なく、記事のテーマが合えばどなたでも参加することができます。

▼ ブログ村テーマへのリンク方法

あなたのブログに「れいわ新撰組」テーマのバナーを掲載しませんか?
テーマのバナーやリンクをINポイントランキングの対象にしたいメンバーの方は、ログインしてからリンクタグを取得してください。
・バナーを変更したい場合は、必ず画像に「テーマ」の文字かバナーロゴを重ねてください。
・テキストリンクに変更されたい方は、以下のテキストに変更いただき掲載してください。
 「れいわ新撰組 外国語ブログ・テーマ」
※以前より掲載いただいているテキストリンクについてはそのままご利用いただけます。

▼ リンクタグ … ここから下、リンクタグをコピーしてお貼りください

れいわ新撰組の記事

1件〜50件

  • ようやく国会がバリアフリー化されたことの「恥ずかしさ」について
    2020/07/07 22:27
    ようやく国会がバリアフリー化されたことの「恥ずかしさ」について

    7月21日の参院選の結果、れいわ新選組(中二病みたいな名前だね)から2人の障害者議員が当選した。筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者の舩後靖彦と重度身体障害者の木村英子。議会内は2人が入場できる作りになっていないので、急遽改修することになった。この2人の当選に対して、少なからぬ批判が起きたらしい。批判の内容は、要約すると「障害者は自ら議員になるべきではない。何かしらの要望があるなら、それを代行してくれる(健常者の)代表を立てるべきだ。障害者議員のためにわざわざ議会を改修するのは税金の無駄遣い」というもの。一見すると、もっともらしく聞こえる。だがこの意見、正しいだろうか。ちなみに、ここでは「障害者」という略称を用いるが、これはすべて「身体障害者」のことを指しており、「知的障害者」は含まれないことをあらかじめお断りして...ようやく国会がバリアフリー化されたことの「恥ずかしさ」について

    徳丸無明

    徳丸無明のブログ

カテゴリー一覧
商用